【原神】キャラクター達の名前の由来(元ネタ)を考察してみた!【モンド編】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!悠です!

2020年9月28日に彗星のごとく登場し、ソシャゲの世界に革命をもたらした中国のmiHoToが贈るオープンワールドRPG『原神』ですが、その魅力の1つに個性豊かなキャラクター達の存在があります。

ちなみに、私の推しはクレーと胡桃です!

 

そこで今回は、

『原神』に登場する全キャラクターの名前の由来(元ネタ)を考察する

という趣旨の記事になっています!

 

ゲームキャラの名前には、よく世界中の神話や伝承に登場する神々や偉人たちが元ネタになっていることがあります。

しかし、『原神』のキャラには中国語の名前も多く、あまり日本人には馴染みがない言葉が出てきますよね。

いったいあなたの好きなあのキャラには、どんな由来があるのでしょうか?

では、早速行ってみましょう!

原神

原神

miHoYo Limited無料posted withアプリーチ

キャラクターの名前の元ネタ【モンド編】

まずはモンドに登場するキャラ達の元ネタを考察していきます。

全部私の個人的な見解のため、間違っている可能性もありえますのでご了承ください。

 

ジン・グンヒルド(Jean Gunnhildr)

「ジン(jinn)」とは、アラブの民話に登場する精霊や幽霊、魔人といった超自然的な存在を表します。

代表的な登場作品としては、「千夜一夜物語(アラジンと魔法のランプ)」のランプの精などがあります。

これは、ディズニー作品である「アラジン」のジーニーのことですね。

また、FF3の序盤に封印の洞窟で出現するボスの名前にも使われています。

 

しかし、英語表記で書くと、ジン・グンヒルド(Jean Gunnhildr)は「Jean」なんですよね。

読み方は、どちらかというとジーンもしくはジャンです。

Jeanは主にフランスで使われている人名です。

Gunnhildrはゲルマン圏で人名として使われている言葉で、戦いを意味する2つの言葉hildrとgunnを繋ぎ合わせたことが語源のようです。

戦乙女っぽいジンにはぴったりの名前ですね!

 

また、中国表記では「ジン」のことを「琴」と書くそうです。

 

アンバー(Amber)

「アンバー(Amber)」は、日本語に直すと「琥珀(こはく)」を意味する英単語です。

琥珀とは、天然樹脂の化石であり、宝石として使われています。

ゲーム内でもアイテムとして登場しますが、その際は石珀という名称が使われています。

ちなみに、琥珀は、中国において虎が死後に石になったものと信じられていることから、「虎」の字が使われているそうです。

 

リサ・ミンツ(Lisa Minci)

わかりません!

そもそもリサ(Lisa)という名前って、現代でも人の名前に使われていますからねw

 

ミンツ(Minci)の方もよくわからないですね…

調べると「Minci Che Xoai(ミンシー・チェ・ゾアイ)」というベトナムのスイーツ店しか出てきませんw

 

ガイア・アルベリヒ(Kaeya Alberich)

「Gaia」とは、あの有名なギリシア神話に登場する女神の名前ですね。

大地を象徴する神として知られ、多産、肥沃、豊穣をもたらす地母神でもあります。

ガイアという名前は有名ですよね。パズドラやモンストといった大人気のソシャゲにも登場しますし、ウルトラマンの中にも「ウルトラマンガイア」というキャラがいます。

ちなみに私の個人的に大好きなソシャゲ「幻獣契約クリプトラクト」では、亀として登場します。

 

また、アルベリヒ(Alberich)には、ドイツ語で「エルフの王」という意味があるそうです。

 

バーバラ・ページ(Barbara Page)

「バーバラ(Barbara)」という名前は、普通に現代でも英語圏の女性の名前として使われています。

なので、絶対とは言えませんが、キャラによく当てはまるネタがあったのでご紹介します。

ヨーロッパで15世紀中ごろから盛んになった聖人崇敬の一種に、十四救難聖人というものがあるんですが、その一人にバーバラ(バルバラ)の名前があります。

救難聖人とは、Wikipediaによると次の通りです。

救難聖人(きゅうなんせいじん)は、カトリック教会における聖人崇敬の一種であり、危急の際に信者がその名を呼ぶことで難を救ってくれるとされる聖人。通常、14人が当てられ、十四救難聖人とも呼ばれる。

どうでしょう?「人々から敬われていた」、「教会」、「人々を救済する」というところが『原神』のバーバラにぴったりですよね!

 

ディルック・ラグヴィンド(Diluc Ragnvindr)

これもまったくと言っていいほど元ネタの情報がありませんでしたw

個人的には外国のお酒の名前か何かだと思っていたんですけど(´・ω・`)

1つだけそれっぽいのがありまして、ディルック(Diluc)というのは、ラテン語で夜明けを意味する「Diluculum」という言葉に由来するそうです。

まあ、夜明け=太陽=炎=『原神』のディルックということでいいんじゃないかなw

 

レザー(Razor)

「Razor」は剃刀を意味する英単語です。

鋭い爪をもつ狼と暮らす彼にはぴったりの単語ですね!

また、カナ表記は同じですが、レザー(Leather)というを意味する単語もあります。

 

ウェンティ(Venti)

「Venti」はイタリア語でそよ風、突風、風などを意味する単語です。

また、ラテン語にも同じ単語があり、そちらは風、空気を意味するそうです。

ウェンティのイメージそのものですね!

ちなみに、「Venti」はイタリア語で20を意味する単語でもあり、スターバックスでLLサイズ(グランデより上)を注文する際にも使われているらしいです。

 

彼の本名である風神バルバトスは、17世紀から伝わる作者不明のグリモワール(魔術書)『ゴエティア』に登場する72の悪魔の1人で、序列8位の侯爵として知られています。

「ソロモン72柱」と呼ばれたりしますね。

過去と未来を見通し、友情を回復させる力を持っていたとされます。

 

クレー(Klee)

「Klee」はドイツ語でクローバー🍀を意味する言葉です。

花言葉は「幸運」や「約束」といった意味を持っています。

太陽のように天真爛漫な彼女には相応しい名前ですね!

 

ベネット(Bennett)

「Bennett」は男性の名前に使われる言葉で、ラテン語で「blessed」の意味があります。

この単語には「神聖な」、「神の祝福を受けた」、「幸せな」といった意味があります。

 

ノエル(Noelle)

「Noelle」はフランス語でクリスマスを意味する言葉です。

「ブッシュ・ド・ノエル」などケーキの名前に使われることでも有名ですよね。

また、フィリピン語で「神の贈り物」を意味する単語でもあるようです。

 

フィッシュル(Fischl)

正式な名前は、フィッシュル・ヴォン・ルフシュロス・ナフィードット(Fischl von Luftschloss Narfidort)といいます。長いですねw

「Fischl」は主にアメリカやドイツで使われている人名ですね。エリック・フィッシュル(Eric Fischl)というアメリカで有名な画家の名前にも使われています。

「Luftschloss」はドイツ語で「空中楼閣」を意味します。分解すると「Luft」が空気、「schloss」が「お城」という意味ですね。

続けて読むと「空中楼閣ナフィードット家のフィッシュル」という意味になります。

「断罪の皇女」にふさわしい名前ですねw

 

スクロース(Sucrose)

「Sucrose」には、サトウキビなどから得られるショ糖の意味があります。

ゲーム内で彼女は錬金術師なのですが、実際に中世の錬金術による実験の過程で硫酸や塩酸など、現代でも使用される化学薬品が多く発見されています。

そのため、化学用語(成分の名前)を付けられたのかもしれませんね。

 

モナ(Mona)

正式な名前は、アストローギスト・モナ・メギストス(Astrologist Mona Megistus)といいます。

「Astrologist」は九星家を意味する英単語で、惑星と太陽と月の位置から未来を予言する人を指します。

「Megistus」はおそらく「ヘルメス・トリスメギストス(Hermes Trismegistus)」から取っているのではないかと思います。

ヘルメス・トリスメギストスは、「錬金術師の祖」とも呼ばれる伝説的な錬金術師の名前ですね。

ちなみに「Mona」には、アラビア語で「願い」という意味があるそうです。

 

ディオナ(Diona)

「Diona」は主にギリシャやイタリアで使われている名前ですね。

これと言って面白そうな話が出てきませんでした( ;∀;)

 

アルベド(Albedo)

「Albedo」とは、物理学関係の専門用語です。以下、Wikipediaの引用です。

アルベド(albedo)とは、天体の外部からの入射光に対する、反射光の比である。反射能(はんしゃのう)とも言う。アルベードとも表記する。0以上、1前後以下(1を超えることもある)の無次元量であり、0 – 1の数値そのままか、0 % – 100 %の百分率で表す。

反射能とは、入ってきた光の量に対する、反射して出ていく光の量の比のことで、1に近いほど強く反射しているため眩しくなります。

ニコニコ大百科(仮)のアルベドのページにいい例があったので、引用します。

光が100入ってきて反射して39出ていくならアルベド0.39(39%)である。雪が降って地面が一面白くなると太陽の光を強く反射して眩しくなるが、これはアルベドが高い状態と言える。

 

また、ラテン語で「白さ」、「白いこと」をする言葉でもあります。

 

ちなみに、先天的にメラニンが欠乏する遺伝子疾患「アルビノ」という言葉と語感が似ていますが、こちらはスペイン語・ポルトガル語で「白」を示す「albo」から来ているようです。

 

ロサリア(Rosaria)

ロサリアという名前は、おそらく「ロザリオ(rosario)」に由来しているのではないかと思います。

「ロザリオ」というのは、カトリック教会で祈りに使用される道具のことです。

以下、Wikipediaによる引用です。

ロザリオ(ポルトガル語: rosário、ラテン語: rosarium)は、カトリック教会において聖母マリアへの祈り(アヴェ・マリア)を繰り返し唱える際に用いる数珠状の祈りの用具、およびその祈りのことである。

 

また、バラ栽培家のことを「Rosarian」と言ったりもするようですね。

 

ダインスレイヴ(Dainsleif)

「ダーインスレイヴ・ダインスレイフ(Dainsleif)」とは、北欧神話に登場する魔剣のことです。

一度鞘から抜いてしまうと、生き血を浴びて完全に吸うまで鞘に納まらないという伝説を持っています。

1222年ごろにアイルランドの詩人スノッリ・ストゥルルソンが著した詩の教本『スノッリのエッダ(Snorra Edda)』に登場するようです。

 

まとめ

以上が、『原神』のモンドに登場する主要キャラクター達の名前の由来を考察した記事でした!

璃月に登場するキャラの名前の考察も今度まとめて行こうと思います。

もし、「いや、この由来ってこっちの方が元ネタなんじゃない?」と思われた方は、ぜひコメント欄で教えてくださいね!!

では、ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

『原神』関連商品

 

『原神』関連記事

【N0va Desktop】『原神』のmiHoYoが贈る、Windows向け無料ライブ壁紙アプリをご紹介!
『原神』で有名なmiHoYoからリリースされている、Windows向け無料ライブ壁紙アプリ『N0va Desktop』の導入方法と使い方をご紹介した記事です。無料でありながらも非常に美麗な壁紙をダウンロードできるので、ぜひ試してみてください!

コメント

  1. るる より:

    パイモンを忘れないであげて

    • 悠 より:

      パイモンはモンドだけじゃなくて全編通しての最高の仲間ですからね!
      私の家にも一人欲しい(非常食じゃナイヨ)

タイトルとURLをコピーしました