純正イヤーピースをコンプライのTrueGrip TG-200に変更した感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク
TG-200

こんにちは!悠です!

最近外出時にはワイヤレスイヤホンが欠かせなくなりました。

コードがないって本当に便利ですよね。

有線イヤホンは家での映画鑑賞用にしか使わなくなりましたw

今回は私が使用しているワイヤレスイヤホン『WF-1000XM3』の純正イヤーピースを、コンプライ TrueGrip TG-200に変更しました!

結論から言うと非常にオススメです!!特に下の2点、

  • 遮音性が向上し、うるさい場所でも周りの音がほとんど聞こえなくなった。
  • 装着感が増し、耳からイヤホンが落ちる心配がなくなった。

が満足ポイントですね。

ここからは、使用感や音質の違い、おすすめ度などをまとめていきます。

イヤーピースの種類

イヤーピースとは、イヤホンの耳に挿入する部分についているやつのことです。

素材の材質によって大きく2種類に分かれています。

シリコンタイプ

基本的にこっちの方が一般的だと思います。

新しくイヤホンを買ったとき、最初からついてることが多いですね。

シリコン製のイヤーピースの特徴は、次のようになります。

メリット

  • 柔らかい素材のため、長時間つけていても耳が痛くなりにくい
  • 耐久性が高く、長期間の使用ができる
  • 水洗いができる。
  • 安価なものも多い。

デメリット

  • 遮音性があまりよくない。
  • 適切なサイズじゃないと、耳から外れて落ちやすい。

 

ウレタンタイプ

私が今つけている『コンプライ TrueGrip TG-200』もこっちのタイプになっています。

ウレタン製イヤーピースの特徴は、次のようになります。

メリット

  • 遮音性が高い。(WF-1000XM3の場合だとノイズキャンセリングの性能が向上)
  • 耳にぴったりフィットするため、イヤホンが耳から落ちにくい

デメリット

  • 汚れ(耳垢など)が目立ちやすい。
  • 水洗いできない。
  • 耐久性が低い。(半年から1年での交換が目安)
  • シリコン製より高価なことが多い。

 

コンプライ TrueGrip TG-200に関して

『TG-200』はコンプライから提供されているワイヤレスイヤホン向けのイヤーピースになります。

コンプライは、ウレタンタイプのイヤーピースの元祖ともいわれているメーカですね。

ですので、性能にすごく信頼がおけます!

サイズはS、M、Lの3種類あります。

ウレタンタイプは耳の中で広がるので、多少のサイズずれはカバーしてくれると思います。

私は自分の耳の穴は平均的だと思っているのでMサイズにしましたw

ちなみにTGの後に続く200という数字はイヤーピースの内側の穴の大きさを表しています。

イヤホンのノズルの直径によって適切なサイズが違うんですね。

しかし、ワイヤレスイヤホン向けのTGシリーズには200以外ないようなので、迷わなくて大丈夫です!

 

実際にTG-200を使ってみた感想

買う前に一番気になっていたのは、純正イヤーピースから他社製に変更したらワイヤレスイヤホンの充電ケースが閉まらないんじゃないかということでした。

ですが、それは杞憂でした!

上の画像のようにぴったり蓋を閉めることができます!

ワイヤレスイヤホンの外観も上のようにきれいにすっぽりと嵌ってくれています。

性能に関しては、特に感動したのが遮音性の良さですね。

ノイズキャンセリング+TG-200では、電車の中で音楽を聴いていても乗客の話し声やアナウンスなどがほとんど耳に入ってこなくなりました。

しっかりと自分の世界に入ることができます。

また、フィット感が格別です。以前は歩きながら装着していると耳から落ちるんじゃないかっていう不安がありましたが、TG-200は多少の振動では落ちないという安定感があります。

完全ワイヤレスイヤホンは落としてしまったら一巻の終わりですから、フィット感は重要ですよねw

後、ウレタン製なので長時間使用していたら耳が痛くなるのではないかという不安がありましたが、TG-200に関しては2時間くらい連続で使用しても痛くなることはありませんでした!

 

同時に購入したコンプライのTsx-200について

実は、最初に『TG-200』のMサイズを購入しようとしたらAmazonで在庫切れだったため、同社から出ているTsx-200を購入しました。

Tsシリーズは球形のイヤーピースを採用していて、より装着感が高まっているモデルだそうです。

xは耳垢ガード(イヤーピース内に耳垢が入らないようにする)がついていることを意味してます。

これは正直微妙でした。まず、TG-200に比べて少し大きいため、WF-1000XM3の充電ケースを閉めるときに違和感があります。

※閉まることは閉まりますし、充電もできます。

また、球形だからだと思うんですが、私の耳に装着すると安定感が弱かったです。同じMサイズでも少し大きいのかな?

なので、購入する場合はSサイズの方がよかったのではないかと思います。

 

まとめ

今回は、私が使用している『WF-1000XM3』の純正イヤーピースをコンプライのTG-200に変更した感想についてまとめました。

やはり、音にこだわるとイヤホン一つとってもいろんな改良点が見つかりますね。

そういうのをカスタマイズして自分好みにしていくのは、すごく楽しいですw

以上、悠でした!ここまでお付き合いいただきありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました