【GE2RB】遺された神機で作れた最強キャラを振り返ってみよう!【ゴッドイーター2 レイジバースト】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!悠です!

『ゴッドイーター』シリーズ第5作目『ゴッドイーター2 レイジバースト(GE2RB)』から登場した要素に、「遺された神機」というものがあります。

これは自分の武器に最大4つまで好きなスキルを追加することができるというものです。

「遺された神機」で自分だけの最強装備を作り上げることが、このゲームのエンドコンテンツの1つでもありました。

でも、たった4つならそこまで強くならないんじゃない?

と普通なら思うかもしれませんが、このゲームは一味違ったんです。

「遺された神機」により、プレイヤーキャラはこういう狩りゲーではどう考えてもありえないほど強くなっていきました!

そこで今回は、

実際に『GE2RB』の「遺された神機」でどれくらいプレイヤーキャラが強化されたのか

ということを、具体的な例を示しながらご紹介していこうと思います。

「遺された神機」のぶっ壊れ要素

付与できるスキルは全部で12個

「遺された神機」は、自分の武器に最大4つまで好きなスキルを追加することができるものと説明しましたが、これは1つの装着部位においての話です。

『GE2RB』では、キャラクターは近接武器、遠距離武器、装甲の計3種の装備を身に付けることができます。

この部位1つに付き最大4つまでスキルを付与できるので、全部で12個になるわけです。

 

複合スキルの存在

「遺された神機」で追加できるスキルは、いわゆる「攻撃力アップ」、「防御力アップ」のようなものだけではなく、「攻撃力アップ・防御力アップ・素早さアップ・バースト時間延長」といった具合に、1つのスキルだけで複数のスキルが発生するようなものが多くあります。

これを「複合スキル」と呼びます。

そのため付与できるスキルは12個でも、その全てを複合スキルにした場合、実際に発動するスキルの量は数倍になるわけです。

 

元から存在するスキルを書き換え可能

「GE2RB」に登場する装備には、基本的に最初から何かしらのスキルが付与されています。

しかし、「遺された神機」はこれさえも書き換えることが可能です。

つまり、「攻撃力は高いけどマイナススキルが付与されている武器」からマイナススキルだけを取り除くことが可能なんですね。

これも「遺された神機」がぶっ壊れている理由の1つです。

 

実際にどんな装備が作れるのか?【具体例】

では、早速私が作成したキャラクターの装備を見ていきましょう。

これだけ見ても、やったことない人にはさっぱりですよねw

「GE2RB」をプレイしたことがない人にもすごさがわかるように、1つ1つの複合スキルについて詳しく解説していきますね。

なお、「バースト」というのは、敵に捕食攻撃という特定の攻撃を当てたときにだけ発生する一時的な能力強化状態のことです。

「GE2RB」では、基本的に常にバースト状態で戦っていくことがデフォルトになっています。

 

三拍子

これは体力(HP)、オラクル(銃攻撃をすると消費するゲージ)、スタミナの3つを最大値まで強化する複合スキルです。

「三拍子」1つだけで3つの基本ステータスをMAXにできるため、非常に使い勝手のいいスキルになっています。

 

バイタルキーパー

バースト中の近接攻撃・JG(ジャストガード)・捕食攻撃にHP回復効果を付与し、なおかつバースト中ならHPが自然回復していくというものです。

これを付けているだけで、通常難易度のミッションならば回復アイテムが必要なくなります。

 

オラクルキーパー

近接攻撃・捕食攻撃・バースト中の近接攻撃によるオラクル回収量を増加させ、バースト中のオラクル自然回復量を上昇させるというもの。

10秒程度でオラクルゲージを最大まで溜めれるようになり、銃攻撃が撃ち放題になるスキルです。

ちなみにこのスキルを全武器につけれるようになったため、『ゴッドイーター2』で最強武器の1つといわれていた「オラクルソード」が産廃になりました。

 

フィジカルキーパー

各種行動によるスタミナ消費量の軽減と、スタミナの自動回復量を増加させるスキルです。

これによりバースト中ならどんな行動をしても一瞬でスタミナが最大値まで回復するため、実質的にスタミナの意味が無くなります。

 

剣聖

近接攻撃によるダメージを上昇させる4つのスキルを複合したものです。

 

玄人

デメリットはありますが、近接攻撃によるダメージが上昇するスキルを4つ複合したものです。

特に剣の達人は、弱点に対するダメージが単純に1.5倍になる凄まじいスキルです。代わりに弱点以外に対するダメージは半分になりますが、このゲームで弱点以外を攻撃する必要はほぼ存在しないため実質ノーリスクです。

また、全力攻撃は近接攻撃でスタミナを消費するようになる代わりに攻撃力を1.25倍にするスキルですが、前に紹介した「フィジカルキーパー」と組み合わせることでデメリットがほぼなくなります。

 

砲撃手

銃攻撃の威力を上昇させ、消費するオラクルの量を減少させる複合スキルです。

消費オラクル量は、これ1つで約4分の1になります。

 

大蛇の怒号

バースト時間を延長させるスキルを4つ詰め込んだ複合スキルです。

特に「受け渡しバースト化というスキルが強く、捕食攻撃で入手できるアラガミバレットというものを仲間に受け渡すだけでバースト時間の減少値をリセットすることができます。

ちなみに前作「ゴッドイーター2」では、バーストレベルまで上昇させることができたんですが、流石にナーフされました。

 

八尋盾

バースト時のガード中の被ダメージを減少させ、ガード範囲を全方向にするスキル。

ガード範囲を全方向にするというのは、盾によって受け止める攻撃の範囲が360度になるというものです。

明らかに防御していない真後ろからもらった攻撃でもガード判定になります。

また、このゲームには展開速度は速いが一部ダメージが貫通するバックラー、展開速度は遅いが完全にダメージをカットできるタワーシールドのように、装甲にも種類があるんですが、このスキルを付けていればバースト中ならバックラーでもダメージを100%カットできるようになります。

そのため単純に展開速度が速いバックラーが最強になり、タワーシールドの価値がほぼ存在しなくなりました。

 

超越者

ここで重要なのはふんばり」のスキルです。

これは体力が51以上あればどんな大ダメージを受けても、HPが1残るというものです。

発動回数に制限もなく、体力さえ回復すれば何度でも発動させることができます。

難易度追加したミッションに挑むなら必須のスキルですね。

また、体力が51以上というのもポイントです。三拍子を付けていた場合HPの最大値は200ですので、最大値の25%以上の体力を維持しておけばいいという非常に緩い縛りになっています。

 

乱世の英雄

敵が複数体いるときに攻撃力と防御力を増加させる複合スキルです。

この中の「駆除技術」というスキルが優秀で、これは討伐目標以外の敵へのダメージが2倍になるというものです。

ダメージ2倍の効果はすさまじく、圧倒的な力で敵を蹂躙することができます。

 

捕食シューター

捕食攻撃によるアラガミバレットの数を増加させる複合スキルです。

これと前述した「受け渡しバースト化」を組み合わせることで、バースト状態の維持が非常に簡単になります。

 

発動スキルは全部で45個

改めてみると、本当に凄まじい数のスキル強化を行うことができますねw

ちなみに前作の「ゴッドイーター2」では、この3分の1程度しか発動させることができませんでした。

 

まとめ

以上が、『GE2RB』の「遺された神機」がどれほどぶっ壊れていたのかということについての記事でした。

ゴッドイーターシリーズで一番俺Tueeeeeeができる作品は間違いなく『GE2RB』ですので、もしプレイしたことがない人はぜひ試してみてください。

中古なら2000円程度で購入することができますよ。

発売から6年が経過していますが、まだオンラインにも人はいますよ!(かなり少ないけど…)

では、ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

『ゴッドイーター』関連商品

 

『ゴッドイーター』関連記事

【ゴッドイーター2 レイジバースト】おすすめの高威力バレットの紹介!【全銃器対応:デルタRIP・ペンタ・脳天・多段徹甲など】
800時間以上プレイした『ゴッドイーター2 レイジバースト』の中で、私が愛用していたおすすめのバレットをご紹介しています。スナイパー、アサルト、ブラスト、ショットガンの全銃器に対応していますので、ぜひ参考にしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました