【原神】地理誌の画像・フレーバーテキストまとめ一覧【モンド地方】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!悠です!

今回は地理誌(モンド地方)の展望ポイントに記載されている画像とフレーバーテキストをまとめていきます。

どれも世界観を補完できる興味深い内容になっていますので、ぜひ見ていってくださいね!

では、早速行ってみましょう!

原神

原神

miHoYo Limited無料posted withアプリーチ

【モンド】地理誌の画像・テキストまとめ

風の城(モンド城)

風は蒲公英の種と詩歌と物語を遠くへと運び、穏やかな旅人を連れてくる。モンドへようこそ。

 

神像を護る湖(星落としの湖)

ある詩歌によると、星がこの大地に落ち、湖を作ったのだという。また別の詩歌では、星ですらこの澄み渡った美しい景色に魅入られ、湖に落ちてしまったのだという。

 

風が吹く野原(風立ちの地)

止むことのないそよ風がこの野原を撫でている。かつての英雄が残した巨木が微かにざわめく。

 

清泉が流れる処(清泉町)

郊外にある静かな町。狩人と甘い泉の水、そしてその泉にいる優しい精霊の伝説を持つ町。

 

暁にさす荘園(アカツキワイナリー)

ブドウの濃厚な香りが漂うモンド酒造業憧れの荘園。一度飲んだら忘れられない味でモンドの酒好きを虜にした。ある意味、ここは酒好きの聖地と言えるだろう。

 

西風大聖堂(モンド城)

風神の敬虔な使途が管理している聖堂。かつては貴族が権力を見せびらかすための建物だった。

 

西風騎士団・図書館(モンド城)

北大陸でもっとも蔵書の多い図書館。「禁書エリア」を除けば、すべての蔵書を自由に閲覧できる。

 

悠久の千風の神殿(千風の神殿)

環形の古代遺跡。千風が無数の物語を連れて集まり、また無数の物語を遠くへ運ぶ場所。

 

無名の剣塚(ダダウパの谷)

数百年の時が経ち、天地は平和を取り戻した。鋼鉄が交わった歌、戦士の残した歌、妖怪と雷が揺らした大地の鼓動、血のように赤い空、その全てをこの剣塚は覚えている。

 

吠える風の古代廃都(風龍廃墟)

高き塔の主はもういない。廃都を渦巻く風は低い唸りで誰も知らぬ最古の物語を囁く。彼の主人は名もなき風の精霊。その歌で塔を震わせる。

 

まとめ

以上が、地理誌(モンド地方)の展望ポイントに記載されている画像とフレーバーテキストでした。

良かったら下の璃月編もご覧になってくださいね!

【原神】地理誌の画像・フレーバーテキストまとめ一覧【璃月地方】
『原神』の図鑑の中にある、「地理誌(璃月地方)」で閲覧可能な展望ポイントの画像とフレーバーテキストをまとめた記事です。

では、ここまで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました