【ハンターズアリーナ】過疎後のプラチナトロフィー獲得ガイド(シーズン3以降)

こんにちは!悠です!

 

2021年の8月にプリープレイになったことで、一瞬だけ日本で流行った近接バトロワ「ハンターズアリーナ:レジェンド」というゲームがあります。

格闘ゲームとMMORPG、バトルロワイアルを融合したような作品で、かなり珍しいゲームシステムだったのですが、1ヶ月もたたない内に初心者お断りのムードが漂い出し、1年後の今となってはいつサービスが終了してもおかしくないほど過疎り切っています。

運営も見捨てたゲーム…!悲しみ…!

 

今回はそんな「ハンターズアリーナ:レジェンド」で、現状(シーズン3以降)トロコンを目指すためにはどうすればいいのかについて考えていこうと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハンターズアリーナの現状

まずハンターズアリーナという近接バトロワの現状についてですが、2022年8月3日の状態で次のようになっています。

  • 最初期は5つあったサーバーが統合され、現在USサーバー(アメリカ)1つだけに。
  • そのため基本的に日本からプレイするとラグい。
  • マッチングするのは深夜1:00~10:00くらい。これ以外の時間帯にマッチするのは稀。
  • 日本の夜(21:00~0:00)にマッチするのは1週間に良くて数回。
  • 当然ながらランク度外視マッチング。サーバー1位の猛者と初心者が毎回マッチする感じ。

 

はい、このように通常の方法ではトロコンどころか、ゲームをプレイするだけでも不可能という鬼畜仕様になっています。

こんな中でトロフィーを稼ぐには、そう談合するしかありません!!



プラチナトロフィー獲得までの流れ

プラチナトロフィー獲得に向けて
  • Step 1
    12人のグループを作る。

    最初にして最大の関門になりますが、まずは自分と同じように「ハンターズアリーナ」のトロフィーが欲しい方を自分以外に11人集めましょう。

    12人というのがハンターズアリーナで試合を始めるための最小人数のため、非常に厳しいですがなんとか頑張る必要があります。

    こんな過疎ゲーでそんなの無理っしょ!

     

    と思うかもしれませんが、私は実際にこういったグループを見たことがあります(この記事を書くきっかけになりました)。

    その方たちの中の数人はトロコンまでたどり着けていますので、現実的に不可能ではないんですね。

    ただ人を集める方法は相当難しいかもしれません。SNSや掲示板を活用するか、実際にゲームをプレイして初心者っぽい人を勧誘するか、PSNProfile(外部サイト)でハンアリのトロフィーで検索してみるなど、いろいろ手を尽くす必要があると思います。

     

    なお、こういった談合やいわゆるブースティング行為は、別ゲーでは基本的にBAN対象になったりするんですが、ハンターズアリーナは現状開発者が完全に沈黙しているため危険性はほぼないといっていいでしょう。

  • Step 2
    クロスプレイをオフにする。

    12人を揃えることが出来たら次に、オプションボタン長押しで表示されるシステム画面でクロスプレイをオフにしましょう。

    これをすることで部外者が参加してくる確率を減らすことができます。(確実に防げるわけではありません)

    2022年の5月くらいまではサーバーが3つあったから談合は簡単だったんですけどね…

     

    なお、当然ですが、談合マッチを開始する際は12人ができるだけ同時にゲームに参加するよう、メッセージなどで連絡を取り合った方がベストです。

    時間帯は部外者が入りづらい、日本の夜の時間(18:00~23:00辺り)がおすすめです。

  • Step 3
    トロフィー獲得順

    基本的にハンターズアリーナのトロフィーは、ベテランハンター(ソロ/トリオで累積レベルアップ数2,000回)を解放する過程で7割方解除できます。

    注意すべきは以下のトロフィーです。

    • 戦闘マスター(プレイヤーを100回討伐)
    • 虐殺者(1ゲーム中に5人のプレイヤーを討伐)
    • 難戦での勝利(2連続でプレイヤーを討伐)
    • 罠解除専門(罠でプレイヤーを討伐)
    • 爆弾魔(爆弾でプレイヤーを討伐)
    • 最後の記録(ソロ/トリオ1位の累積数12回)

     

    これらは基本的に対人戦に勝つ必要があるため、通常のゲームではほぼ不可能と言っていいでしょう。

    私はシーズン3になってから100~200戦くらいソロモードをプレイしたと思いますが、初心者の方が優勝したマッチはそのうちあっても1回程度でした。

     

    談合マッチが始まったらまずはソロモードで虐殺者のトロフィーを取るのがおすすめです。

    12人全員で同じ場所に降り、ローテーションで5人ずつ談合キルしていきましょう。

    1マッチ中に2人虐殺者が取れるので、上手くいけば6回で済みます。

     

    プレイヤー100回討伐のトロフィーは、トリオモードでプレイヤーを倒す→蘇生してもらうの流れを繰り返せば比較的早く達成できます。

     

    ソロ/トリオ1位の累積数12回に関しては、トリオモードで数を稼いでいった方が3人まとめて優勝回数を稼げるので効率が良いです。

    トリオ11回、ソロ1回の優勝という風に割り振るのがおすすめですね。

     

    爆弾キルと罠キルに関しては注意が必要で、どちらも完全に止めを刺す(ダウン状態ではダメ)必要があるため、ソロモードで獲得を狙いましょう。

    爆弾キルの場合はギリギリまでHPを削ってとどめを爆弾で、罠キルの場合はギリギリまでHPを削った相手を罠にかけ、罠の中にいる相手のHPを一撃で0にすれば獲得できます。

    なお、罠の中にいるプレイヤーに攻撃を一回でも当ててしまうと罠が解除されるので、注意してください。

  • Step 4
    ベテランハンター

    Step3で紹介した注意すべきトロフィーの獲得が終わったら、後は普通にマッチに参加して、モンスターを倒してレベルを上げていけば大丈夫です。

    ベテランハンター(ソロ/トリオで累積レベルアップ数2,000回)の獲得にはだいたい150試合くらいかかるため、全てを談合マッチで終わらせるのはなかなか難しいでしょう。

     

    その場合は談合せずに普通にマッチを検索して、エリアの端の方に降りてモンスターを倒してレベル上げをしていればOKです。

    基本的にプレイヤーを見かけた場合は逃げた方が無難です。特に派手なスキンを着ているプレイヤーは古参勢のため、勝つのは非常に困難です。

    使うキャラに迷ったら、ジュン、アラ、悟空、妲己の中から選ぶのがおすすめですよ!

 

談合で注意する点

如何に談合マッチと言っても、どうしてもグループ外のプレイヤーが参加したり、誤って勝つはずだった人を倒してしまう事もあるでしょう。

12人全員の意志疎通をとるのは非常に難しいですからね。

なので、想定外の事態が起こったとしてもできる限りイライラせず、平常心を保って次の試合に行くことが重要だと思います。

 

まとめ

以上が、過疎り切ってしまったハンターズアリーナで、今からトロコンを狙いたい人に向けたガイド記事でした。

私の予想では今年中にサービス終了する可能性が50%くらいあると思っているので、興味がある方は是非試しにプレイしてみてはいかがでしょうか。

では、ここまで読んでいただきありがとうございました。

コメント