Killer Wi-Fi 6 AX1650でYoutubeに接続できないときの対処法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!悠です!

最近Wi-Fi 6に対応したデバイスが増えてきましたね。

Wi-Fi 6って何?という方は、私が以前書いた記事で詳しく説明しています!

【実践】PS5を次世代規格Wi-Fi 6に接続してみた感想
PS5を次世代規格Wi-Fi 6に接続した際の通信速度に関する感想です。Wi-Fiの形式やPS4の対応Wi-Fi規格なども書いています。

私の使用しているノートPC『GIGABYTE AERO 15S OLED』では、

Wi-Fi 6対応のワイヤレスモジュール『Killer AX1650』が使用されています。

このPCを買って初期設定をしている際、Youtubeに接続することができないという事態に遭遇しました。

2日以上悩んで解決策を見つけることができたので、今回はその方法を書こうと思います。

まず、結論をまとめておきます。

Killer Control CenterからKiller Prioritization Engineをオフにする。
では、具体的なやり方を解説していきますね。

Killer Control Centerをインストールする

Killer Control Centerとは、Rivet Networks社が開発しているWi-Fiモジュール『Killerブランド』が搭載されているゲーミングPC向けのネットワーク帯域管理アプリになります。

基本的にKillerネットワークのモジュールが搭載されているPCには、最初からインストールされています。

しかし、海外製PCなどでは入っていないこともあるようなので、その場合はKillerネットワークの公式サイトからダウンロードしましょう。

Killer Software Package – Windows 10 1803+ – support.killernetworking.com

 

Killer Control Center内での設定

Killer Control Centerを開いたら、左下にある設定をクリックします。

 

次に、Killer Prioritization Engineの項目をオフにしましょう。

設定は以上になります。

Killer Prioritization Engineは自動でインターネットを高速化したり、途切れにくくしてくれる機能ですが、オフにして1年くらい経過した今でも特に困ったことがないです。

 

まとめ

以上が、Killer Wi-Fi 6 AX1650搭載PCでYoutubeに接続できないときの対処法でした。

ゲーミングPCを買うと自分で不具合に対処していかないといけないので、本当に大変ですね(; ・`д・´)

わかってしまえば一瞬で終わる操作なのに、数日かかってしまいましたw

では、お付き合いいただきありがとうございました!

 

ちなみに、私が使っているゲーミングPCの紹介記事も書いていますので、よかったらご覧ください!

【ゲーミングノート】GIGABYTE AERO 15S OLEDのレビュー
私がブログ作成兼ゲーミングノートPCとして使用している『GIGABYTE AERO 15S OLED SA-7JP5130SP』のレビュー記事です。よかった点やこのPCの特徴などもまとめています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました