【Stable Diffusion】モデルデータを軽量化してくれる拡張機能「model-toolkit」の使い方を紹介!【ストレージ節約】

こんにちは!悠です!

 

「Stable Diffusion」のモデルデータ(チェックポイント)は、軽量化されたものは2GB~3GB程度ですが、中には7GB以上で配布されているものもありますよね。

これを何十個もダウンロードしてしまうと、すぐにストレージが一杯になってしまいます。

「Stable Diffusion」に本気でハマると、100GBなんて一瞬で消し飛びますからねw

 

そこで今回は、配布されているモデルデータの余分なジャンク要素を自動削除して、数GB以上軽量化してくれる拡張機能「stable-diffusion-model-toolkit」の使い方を紹介いたします!

 

アイキャッチ画像は、モデルに「AbyssHellVer3」、LoRAに「msgirlv4h(MSGirl LoRA)」を使用しています。LoRAの方はCivitaiで入手できます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「model-toolkit」の導入方法

GitHub - arenasys/stable-diffusion-webui-model-toolkit: A Multipurpose toolkit for managing, editing and creating models.
A Multipurpose toolkit for managing, editing and creating models. - GitHub - arenasys/stable-diffusion-webui-model-toolkit: A Multipurpose toolkit for managing,...

 

Google Colaboratory版の場合

下記の方法で紹介している「maintained by Akaibu」のノートブックを使って、拡張機能「model-toolkit」を導入していきます。

まだご覧になっていない方は、まず最初にこちらを準備しておいてください。

【Stable Diffusion】AUTOMATIC1111のWebUIをGoogle Colaboratory上で使う方法!【maintained by Akaibu】
「Stable Diffusion」で、「AUTOMATIC1111」が用意しているノートブック「maintained by Akaibu」を使って、Google Colaboratory上で自分の好きなモデルデータやLoRAを使用する方法についてまとめた記事です。
【Stable Diffusion】AUTOMATIC1111のColab版でLoRAを使う方法について紹介!【maintained by Akaibu】
AUTOMATIC1111のColab版「maintained by Akaibu」でLoRAを使う方法についてまとめた記事です。2.5D風AIコスプレイヤーを作成できる「KoreanStyle2.5D」も紹介しています。

 

Google Driveからモデルデータを読み込むセルの下に新しくセルを作成し、下記のコードを入力してください。

#model-toolkitをインストール
%cd /content/stable-diffusion-webui/extensions/
!git clone https://github.com/arenasys/stable-diffusion-webui-model-toolkit /content/stable-diffusion-webui/extensions/stable-diffusion-webui-model-toolkit

%cd /content/stable-diffusion-webui

 

WebUIを起動してToolkitのタブが追加されていれば、導入は成功です。

なお、Colab版のWebUIの中に保存されているデータをローカル環境にダウンロードする場合、数十MB程度でもかなり時間がかかるため、この拡張機能で作った新しいモデルデータを保存するのは現実的に厳しいかもしれません。

 

ローカル版の場合

「Extensions」→「Install from URL」の「URL for extension’s git repository」に下記のURLを入力しInstallをクリックしましょう。

https://github.com/arenasys/stable-diffusion-webui-model-toolkit

 

 

「model-toolkit」の使い方

ジャンクデータが含まれていない(2GB~3GB程度の)モデルデータを、更に軽量化することはできないので注意してください。

今回は例として、Civitaiで7.17GBで配布されている「OrangeChillmix」を軽量化していきます。

 

WebUIを起動してToolkitのタブを開き、Sourceの欄で「OrangeChillmix」を選んだ後、Loadボタンをクリックしましょう。

 

自動的にモデルデータ内のジャンク要素をスキャンしてくれます。Loadが終わったらSaveボタンをクリックしましょう。

OrangeChillmixの場合は3.2GB+1.99GB軽量化できるようですね。

 

軽量化したモデルデータは、「~\webui\models\Stable-diffusion」に保存されます。

一度WebUIを再起動すれば、通常通りウィンドウ左上のチェックポイント欄に表示されますよ!

 

軽量化したモデルデータと元モデルの比較

「model-toolkit」で軽量化したOrangeChillmixのモデルデータ(2.0GB)と、Civitaiでダウンロードした7.17GBのモデルデータを使って、全く同じプロンプト・Seed値で画像を生成してみました。

使ったプロンプトは次の通りです。

【Positive】
masterpiece, best quality, absurdres, highres, official art, 1girl, solo,portrait, black hair, long hair,
【Negative】
(worst quality, low quality:1.4), (monochrome, greyscale:1.4), nude, bad-hands-5, bad anatomy, logo, EasyNegative, text, logo, watermark,

 

左が元のOrangeChillmix(7.17GB)、右がmodel-toolkitで軽量化した2.0GBのモデルで生成したイラストです。

 

 

2枚の間に違いはほぼなく、全く同じといってもいいレベルの画像が生成されていますね。

なお2枚目の瞳の色が若干違うのは、おそらくxformersの影響だと思います。xformersを使った場合、完璧に同じ条件で画像を生成しても、数%程度の揺らぎができてしまうそうです。



まとめ

以上が、配布されているモデルデータの余分なジャンク要素を自動削除して、数GB以上軽量化してくれる拡張機能「stable-diffusion-model-toolkit」の使い方でした。

PCのストレージを節約することができる非常に便利な拡張機能ですので、ぜひ皆さんも試してみてくださいね!

 

では、ここまで読んでいただきありがとうございました。

コメント

  1. ふぁるこん より:

    これは助かります。
    データ容量のために、一軍モデラーしかフォルダに入れてませんが、二軍もベンチに呼べそうです

    • 悠 より:

      コメントありがとうございます!

      凄くわかりますそれw
      この拡張機能のおかげで私も5個くらい1軍入りしましたw

  2. より:

    いつも参考にさせていただいております。
    この機能で変換するとcivitai helperで紐付けた画像やcivitaiとの紐付けが切れてしまっているようですが、これは避けて通れないものでしょうか?

    あとcivitai helperで読み込んだ後、Loraを使おうとしても選んでもと、OのLoraのファイル名が変わってしまうのも仕様なのでしょうか?
    電柱爆発による過電流でPCが逝って昨日新しく届いたので入れなおしているのですが、やはりこの辺りの不具合が出てしまいます。

    SDがVUもされて期待していたのですが、どうにもできないのか試行錯誤しています。
    解決法があれば教えていただけると幸いです。
    これからもブログを読ませていただきたいと思いますので、のんびり続けてほしいと思います。

    長文失礼しました。

    • 悠 より:

      こんばんは!

      この拡張機能を使うとモデルの名称が「modelname-1111-2222-3333.safetensors」みたいに変わると思うんですが、1111-2222-3333の部分を削除して名前を圧縮前に戻すとどうなりますかね?

      紐づけが切れる現象は仰る通り発生してしまいますよね。私はあまりcivitai helperを使わないのでとりあえず容認しておりました。

      それにしても電柱爆発って!!そんなことが起こりうるんですね!恐ろしい…!

      • 悠 より:

        後確かcivitai helperはフォーク版もあった気がします。そちらを探してみると改善されている可能性があるかもしれませんね!