仕事を退職したらすぐやるべきな3つの手続きについて解説

こんにちは!悠です!

先月のことですが、私会社を退職いたしました。

会社を退職した後、すぐに行った方がいい3つの行政手続きに関して、実際の体験談と一緒に書いていきますね。

3つの行政手続きとは、

  1. 国民健康保険への切り替え
  2. 国民年金への切り替え
  3. 離職票の提出(失業保険

になっています。

ちゃんとした会社ですと個別にやり方を説明してくれたりするそうですが、ない場合もあるので(私の場合がそうでした!)自分で調べることが大事なんですよね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

国民健康保険への切り替え

病院行ったとき手出しが3割でよくするための保険ですね。

こいつがないと10割負担になってとんでもないことになります。

会社員の場合は社会保険というものに加入していますが、退職してフリーになった後は国民健康保険への加入になります。

国民健康保険への加入は、退職日から14日以内に行わなければいけません。

場所は各市町村の市役所で可能です。

実際、手続きに必要だったものをまとめました。

  • マイナンバーカード(身分証)
  • 印鑑
  • 健康保険被保険者資格喪失証明書(退職証明書、離職票でも可)

身分証は運転免許証でも可ですが、マイナンバーを記入しなければならなかったので、マイナンバーカードの方が楽だと思います。

健康保険被保険者資格喪失証明書に関しては、退職してだいたい10日以内に会社から届きます。

私の場合は、5日目に届きました。

市役所の窓口では、「退職を証明する書類はございますか?」みたいに聞いてくるので、その時に提出すれば大丈夫です。

健康保険被保険者資格喪失証明書は原本提出になります。

ちなみに、会社特有の退職証明書でも手続きは可能です。(実際に窓口で確認しました。)

国民健康保険証は、在住の市によって違うとは思いますが、私の場合は20分くらいで発行してもらいました。

紙製のペラッペラした頼りない奴でしたw経費ケチってない?(´・ω・`)

国民健康保険料に関しては、在職中と違い全額自己負担になります(在職中は半分が会社負担)。

また、前年度の給与によって支払額か決まるため、退職した年度はかなり高額の支払い金になると思います。

だいたいの支払金額は国民健康保険計算機というサイトで見積もりすることができます。

 

国民年金への切り替え

ほんとにもらえるのかよ??でおなじみの年金さんですね。

自分がこいつをもらえるよりも先に、シンギュラリティが起きるんじゃないかって思ってますw

在職中は厚生年金ですが、退職してフリーになった後は国民年金になります。

国民年金への切り替えも、健康保険と同様14日以内に行わなければいけません。

場所は各市町村の市役所で可能です。

実際に手続きに必要だったものをまとめました。

  • マイナンバーカード(身分証)
  • 印鑑
  • 年金手帳(年金番号が必要です。)
  • 離職票(または、退職証明書)

切り替えは基本的に問題なく済むと思います。

大事なのは、免除申請も考えている場合です!(私もしました)

退職後、免除申請をする場合は、在職中の所得を示す書類があった方が審査にいいらしいです。

そのため、退職証明書でも免除申請は可能ですが、できれば所得が記載されている離職票の方が望ましいですね!

年金の免除申請は、前年度の所得によって免除額が変わります。

退職後の場合は特別に、前年度の本人所得を0として審査してくれるんですね。

なので、全額免除が通りやすくなります。

ただし、世帯主が自分ではない場合(例えば両親)は、世帯主の所得も審査に影響します。

ちなみに、審査が完了するまで2、3か月かかるそうです。審査完了までに届く年金の通知は無視してOKとのことです。

 

離職票の提出(失業保険)

退職して初めてわかったんですが、失業保険はもらい方が結構めんどくさいです。

やらなきゃいけない手順が多いんですよねw

手続き場所は最寄りのハローワークとなっています。

期限は退職日の翌日から1年以内になっています。

実際に手続きに必要だったものをまとめました。

  • マイナンバーカード(身分証)
  • 離職票
  • 印鑑
  • 普通預金通帳
  • 証明写真2枚(縦3cm × 横2.5cm)
  • 求職申込書(カードみたいなやつ)

証明写真に関しては、サイズが違うものでも大丈夫です。私は履歴書で使ったやつが余ってたんで、それ持って行ったんですけど受理してもらえました。

求職証明書は、新卒の時初めてハローワークに登録した際に受け取ったカードみたいなやつだったんですが、なくてもその場で発行してもらえたので大丈夫でした。

もしなくしてしまった方も、その旨をハローワークに伝えれば再発行してもらえます。

離職票は、事前に調べて書くのではなく、ハローワークの受付で説明を受けながら書くことをおすすめします。そちらの方が書き方を迷わなくて済みますしね。

なお、提出は原本になりますので、念のためにコピーを取っておくのもいいと思います。

 

基本的にハローワークの説明通りに進めればOKです!だいたい、初回は30分から1時間くらいで終わります。

提出日の一週間後に雇用保険受給説明会が開かれますので、忘れずに参加しましょう。

まずは、これが失業保険を受け取る第一歩になります。

実際に失業保険を受け取れたら、それまでの流れとか求職実績をどうやったのかみたいな体験談をまとめますね!

 

まとめ

以上が、退職後に行うべき行政手続きでした。

退職された方は、本当にお疲れ様でした!!

手続きは本当にめんどくさいので、退職したら早めに

  1. 国民健康保険への切り替え
  2. 国民年金への切り替え
  3. 離職票の提出(失業保険

の3つは行っておきましょう!

それが終わったら、自分へ向けてご褒美に一杯上げるのはどうでしょうかw

私はお酒があんまり好きじゃないので、ホットレモンで済ませました(*´ω`*)

冬場はこれかゆずが大好物です!

ではでは、お付き合いいただきありがとうございました!!

 

↓は私が使用しているおすすめのWordPress用のサーバーです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PVアクセスランキング にほんブログ村
仕事
\ この記事をシェアする /
\ 悠をフォローする /
悠々ログ

コメント