【2020年最新】Thunderbirdのおすすめ設定とアドオン

こんにちは!悠です!

最近退職したため、家でPC使う時間がめちゃくちゃ増えました。

そこで今まで使っていたChromeのブラウザ上のGmailに加えて、無料のメーラ―ソフト『Thunderbird』を導入することにしました。

『Thunderbird』は大学時代や前の職場でも使っていたんですが、無料でありながらかなり高機能なのでおすすめです!

今回は、

  • ThunderbirdとGmailの連携法
  • 導入した後のおすすめ設定アドオン

に関して書いていこうと思います。

なお、この記事は2020年12月時点でのGmailとThunderbirdを使用しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Thunderbirdとは?

Thunderbirdはメーラ―ソフトの一種になっています。

メーラ―ソフトというのは、複数のメールアドレス(例えばGmailやYahooメールなど)を一個のソフトで管理できるようにするもののことを言います。

これを入れておけばわざわざ複数の専用メールアプリを開かなくていいため楽なんですね!

メーラ―ソフトには有料・無料のもの共にたくさんありますが、Mozilla Foundation社から提供されている『Thunderbird』はその中でも特に有名な無料ソフトです!

この青い鳥が目印になっています。

 

ThunderbirdとGmailの連携法

連携に当たって、まずはGmail側の設定をします。

ブラウザでGmailを開き、右上の歯車マーク → すべての設定を表示をクリックします。

 

設定からメール転送とPOP/IMAPのタブを選択 → IMAPアクセス中のIMAPを有効にするにチェック → 変更を保存をクリックします。

 

これでGmail側の設定は終わりです。

次にThunderbird側の設定に移ります。トップ画面の別のアカウントをセットアップからメールをクリックします。

 

あなたのお名前に差出人として表示させたい自分の名前入れて、連携させたいメールアドレスとパスワードを入れます。入力したら続けるをクリックします。

 

メールアドレスが見つかったら手動設定をクリックします。

 

基本的に設定内容はそのままで構いません。ただし1点だけ、認証方式がOAuth2になっているのを確認してください。

ここを認証なしと書いてあるサイトもあったんですが、どこかの時点でGmailの設定が変わったようで、OAuth2にしないとThunderbirdと連携できませんでした。

 

完了をクリックした後、自分のGoogleアカウントの認証画面が出てくるので、自分のアカウントのパスワードを入れれば連携完了です!!

 

Gmail連携後のおすすめ設定

連携完了後、自分のGmailアドレスの受信トレイを確認してみると、[Gmail]というフォルダが生成されていて受信メールが2重に入るようになってしまっています。

 

これでは受信トレイ内が煩雑になってしまうので、[Gmail]のフォルダを消しておきましょう。

自分のGmailアドレスを右クリックして設定を選択します。

 

サーバー設定 → 詳細をクリックします。

 

IMAPサーバーディレクトリーに[Gmail]と入力して、OKをクリックします。

 

これで受信トレイ内のGmailフォルダが消えてすっきりします!

 

導入すべきおすすめのアドオン

アドオンというのはChromeでいう拡張機能のようなもので、Thunderbirdに様々な機能を追加することができます。

その中で個人的にめちゃくちゃオススメなのが、Windows Taskbar Unread Badgeです。

これはその名の通り、受信トレイ内の未読メッセージの数をタスクバーのアイコンに表示してくれます!
これはほんと便利です!大事な仕事のメールなどに素早く対応することができます!

アドオンの導入の流れは以下のようになっております。

右上の三本線マークをクリック → アドオンを選択します。

 

アドオンを探すの欄に探したいアドオンの名前を入れます。

 

Thunderbirdに追加をクリックします。

以上で追加することができます。

 

まとめ

Thunderbirdは複数のメールアドレスを効率的に管理できるので、おすすめのフリーソフトです!

仕事用やプライベート用でアドレスをいくつも使っている人はぜひ試してみてください!!

以上、悠でした!ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

↓は私も使用しているおすすめのWordpress用サーバーです。

 

コメント