WordPress 5.6へ更新後のエディタ―画面の不具合

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!悠です!

いつもWordpressでCocoonのテーマを使ってブログを書かせていただいております!

ついこないだ(2020年12月9日)にWordPressが5.5から5.6へバージョンアップしました。

更新後、いつも使ってるエディター画面を見てみたら、

書きにくっ!!

エディター画面が左端固定になって、設定していたフォントサイズも変わっています。

そこで今回は、

WordPress5.6更新後、エディター画面の不具合が生じてしまった時の対処法

をご紹介いたしますね!

本記事は2020年12月12日に作成しております。

これは本当に書きにくいので、Cocoon側からのアプデ修正もすぐ来るんじゃないかなーって思います。

エディター画面の不具合改善法

私が現時点で見つけた改善法は2つあります。

どちらも簡単に設定することができるので、ぜひお試しください!

 

設定タブから、ビジュアルエディターを再度選択する。

WordPressエディター画面の右上の設定ボタン(歯車マーク)を選択。

初期からビジュアルエディターにチェックが入っていると思います。

コードエディタを左クリック → ビジュアルエディターを左クリック(選択しなおす)します。

 

この操作を行うと、エディタ画面を中央に戻すことができます。

 

ただし、難点がありまして、一度エディター画面を離れたらまた左端に固定されてしまいます。

そのため、再度同じ操作を繰り返す必要があります。地味に面倒くさいですw

 

旧エディターを使用する。

WordPressはバージョンが5.0になるときに、エディターに大幅な変更が加わりました。

その変更が加わったエディターのことを『Gutenbergエディター』といいます。

WordPress 5.6で生じているエディター画面の不具合は、Gutenburgの方でしか発生していないようなので、5.0以前のエディターを使用すれば問題なく執筆できます。

 

Cocoon設定 → エディター → Gutenbergエディターを有効にするのチェックを外します。

これで旧エディターを使用することができます。

旧エディターの使い心地は、Gutenbergエディターとそんなに変わらないと思います。

 

まとめ

WordPress 5.6へ変更したときに生じる、エディター画面の不具合への対処法でした。

私はまだまだブログ初心者なので、スマホのアプリ感覚でWordpressを更新してしまいましたが、これはよくないようですw

WordPressを更新が来てもすぐには更新せずに、少なくとも数日は待ってから、自分が使用しているテーマとの相性問題WordPressの新バージョン自体の不具合がないかを確認すべきですね。

Cocoonの本サイトには、様々なお問い合わせが来ているフォーラムがありますので、Cocoonユーザーの場合はまずそこを確認することがおすすめです!

以上、悠でした!お付き合いいただきありがとうございました!

 

↓は私も使用しているおすすめのWordPress用サーバーになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました